東京都大田区の歯科医院 T’s Dental Office[ティースデンタルオフィス]

一般的な診療を始め、インプラントなど審美的なお悩みにも対応します。

ホーム ≫ ブログページ ≫

ブログページ

舌ブラシの正しい使い方と注意点

舌ブラシの正しい使い方

・鏡を見ながら行う
舌苔の付着状況や舌ブラシの動きを確認しながら行うため、舌ブラシは必ず鏡を見ながら使用しましょう。

・舌の奥から手前に舌ブラシを動かす
舌ブラシの仕様にもよりますが、基本的に舌の奥に舌ブラシを当て、なでるように手前に動かしてください。

・舌ブラシは目視できる範囲内まで
舌苔をしっかり除去するため、できるだけ奥まで舌ブラシを挿入しようと考える人は少なくありません。しかしあまり奥に挿入してしまうと、嘔吐反射や粘膜や組織を傷つけてしまう恐れがあります。そのため、鏡で見たときに見える範囲内で、奥から舌ブラシで除去しましょう。

・息を数秒止める
舌ブラシ使用時は数秒(無理のない程度)息を止めながら舌苔を除去することで、嘔吐反射を抑えられます。

舌ブラシを使う際の注意点

・力を入れ過ぎない
舌の表面はデリケートで、力を入れ過ぎると傷ついてしまう恐れがあります。万が一傷ついてしまった際には、一時使用を中断して歯科医院などに相談しましょう。

・頻度は1日1回程度にとどめましょう
舌のケアを頻繁に行う必要はありません。1日1回を目安に留めておきましょう。就寝時にお口の中の細菌が繁殖するため、起床時や朝食後に舌ブラシを使用すると効果的です。

・使用後は清潔に
流水下で洗い流し、清潔なペーパーや布で水気を拭き取り保管しましょう。

2021年07月28日 18:32

フレイル高齢者は1.9倍肺炎にかかりやすく、1.8倍重症化しやすい

フレイルとは、加齢や病気による心身の衰えにより要介護になるリスクが高い状態をいいます。新潟大学大学院医歯学総合研究科国際保健学分野の齋藤孔良助教、菖蒲川由郷特任教授の研究グループは、約18万人の65歳以上の高齢者における疫学調査を行いました。
その結果、フレイルの65歳以上の高齢者では、フレイル無しの高齢者と比べて約1.9倍肺炎にかかりやすく、また、1.8倍肺炎が重症化しやすい(入院措置になりやすい)ことを明らかにしました。またフレイルの前段階にある高齢者でも、フレイル無しの高齢者と比べて1.3倍肺炎にかかりやすいことがわかりました。
2021年07月28日 18:25

2回目ワクチン接種受けてきました。

昨日、ようやく2回目の接種が無事に終わりました。1回目とは違う会場で受けることに。大きな病院でしたので集団接種の感がありました。
結論を先にお伝えしますと発熱もなく痛みも1回目より断然少なく非常に楽に経過しております。色々な副反応がうわさされていたがために拍子抜けしてしまいました、ただ1点を除いては。とにかく接種時の痛み半端なく痛かったのです。大げさかもしれませんが、針が刺さった瞬間にイナズマが走ったような電気刺激に加え、ワクチンが注入中は思わず動いてしまうくらいの痛みで、もしかしたら人生最も痛かった接種と言ってもよいくらい!50過ぎのおじさん思わず泣いてしまうとこっろでした。接種後の15分間はほぼ放心状態でした。*あくまでも個人的な感想です。
2021年06月18日 21:43

健康な歯がうつを予防する?

これまでに口腔と精神的健康の相互の関連が報告される。
今回は医科歯科大学が、米国のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを分析。2006年、2008年、2010年調査のいずれかに参加した人のうち、1940〜1978年に生まれた約17万人のデータを分析した。この17万人のデータの中から、永久歯が生える年齢に相当する5〜14歳の10年間における各地域の水道水フロリデーション人口カバー割合を算出。それを水道水からのフッ化物曝露の指標とし、喪失歯数との相関を調査した。

分析の結果、5〜14歳における水道水からのフッ化物曝露は、大人になってからの残存歯数に強く関連することが明らかになった。
さらに、うつ症状を評価するPHQ-8 得点*と喪失歯数の相関を調べた結果、歯を1本失うごとに、うつ症状得点が0.146 点高くなることが判明。また、統計的に有意ではないものの、歯を1本失うごとに、中等度以上のうつ症状(PHQ-8 得点 10点以上) がある人の割合が0.81パーセント・ポイント増えることが明らかになった。
 

* PHQ-8(Patient Health Questionnaire-8 depression scale):0〜24点の値をとり、得点が高いほどうつ症状が重度であることを示す
2021年06月16日 19:19

緑茶は抗菌作用をもつスーパー飲料

皆様のお口の中に細菌が多いことは、十分にご存知のことと思います。普段よく口にする緑茶についての話題です。緑茶に含まれる抗菌成分として、4種類のカテキンが知られています。その中で最も多く含まれるエピガロカテキンガレート(EGCG)は、特に抗菌作用が強く、う蝕関連菌を抑制する可能性が示されていました。しかし、EGCGの抗菌メカニズムは明らかにされていませんでした。この度東北大学の研究で、緑茶に含まれる濃度のEGCGには殺菌効果はないものの、細菌増殖の阻害や糖酸産生活性の抑制、細菌凝集の促進効果、そしてpH緩衝能とpH低下を防ぐ力があることも明らかになった。

つまり緑茶は虫歯に関連する菌を死滅させないものの、虫歯にする酸の酸性を抑える効果があるようです。そして緑茶を飲んだ後もしばらく効果は持続するようです。

 

2021年06月16日 08:04

祝!15周年

IMG_2759
おかげさまで今月2日、15周年を迎えることができました。これも皆さまに支えられたおかげです。本当にありがとうございます。
スタッフさんからサプライズでプリザーブドフラワーアレンジメントを頂戴しまして、早速受付の正面に飾らさせて頂きました。
これからも皆様のお口のの健康にますます尽力して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。
2021年06月06日 14:33

PCRより早い新たな新型コロナ感染診断

PCR検査は、以前より簡易に受けられるようになってきたとはいえ、費用などの負担も大きいのが現状です。順天堂大学耳鼻咽喉科学の池田教授らのグループとスカラ株式会社との共同開発で新型コロナウイルス感染症を口腔・咽頭の映像により早期に診断できる検査機器を開発しました。新型コロナウイルスに対するいくつかの機能的受容体が感染初期の段階で口腔・咽頭などの上気道の上皮細胞と血管内皮細胞に多く集まることに着目。従来のPCR法や抗原検査より早い初期段階で検出可能。しかも、お口の中の映像を撮影のみで、検査時の身体的負担が少なく秒単位で行え消耗品もなく何度でも測定が可能とのことです。今後は症例映像を情報収集し、新型コロナ感染のAIによるオンライン自動診断の確立を目指していくそうです。
2021年05月31日 07:45

1回目ワクチン接種してきました。

先日第一回目のワクチン接種を受けて参りました。遡ること約1ヶ月、医療従事者枠の先行予約が開始されました。皆が本当に必死になって、ネットにかじりつき夢中になって挑みました。私達もほとんどが開始初日に第一回目の接種予約が出来ました、ただ一人を除き。はい、その一人とは私です。その後、空いた時間を見つけては何度も挑むも空振りばかり。何とか4日目に偶然にも予約できた時には、うれしさのあまり「と、取れた~!」と叫んでしまいました。会場は、個人医院でしたので混雑もなくスムーズに接種が終わり安心して受けられたことに感謝です。先生から2回目の副反応で軽減するためアドバイスを頂きました。それによるとカロナール錠(鎮痛剤)と抗ヒスタミン剤を事前服用が効果的だそうです。翌日に皆にも伝えようと思い、一応ネットで調べて裏を取っておこうと検索しましたら、ネット上は事前服用は効果軽減になるので勧めないと書いてあります。翌日、このことを伝えたら皆の反応もまちまちでした。
ちなみに私事ですが、摂取時は痛くありませんでした。本当に先生がお上手でした。翌日は痛みが出ましたが腕が上がらないことはありませんでした。翌々日は元に戻っておりました。
2021年05月30日 17:53

小児期のお口ポカンに注意して

小児期の口唇閉鎖不全症「お口ポカン」は口唇や表情筋の弛緩と過緊張が原因で口呼吸と深く関連している。新潟大学をはじめとする大学が共同で行った全国規模の調査で30.7%がお口ポカンを示し、その有病率は年齢とともに増加していることが明らかになった。お口ポカンにより鼻づまり、口臭、音を立てて食べるなどの問題も関連していた。自然治癒は困難で今後、改善に向けた研究を推進していくそう。小児期の異常な話し方、嚥下習慣、口呼吸、口唇閉鎖不全などの口腔習慣は顎顔面の成長と発育を妨げ、深刻な影響を及ぼすと言われています。今後の改善に向けての重要性の高まりが期待されます。
2021年05月30日 17:29

ヒトの歯の再生の研究で一歩前進

IPS細胞などの幹細胞による臓器再生療法が進む中で、すでに小型動物では歯の再生が可能になりつつあります。しかしながら、ヒトでは未だに実現化には至っておりません。長い時間を要する臓器形成の問題のほかに、実験段階で歯胚の大きさの成長は確認できても最終的な石灰化までは誘導できませんでした。東北大学大学院研究科の千葉教授らの研究で歯胚の石灰化を制御する受容体が同定されました。このことから今後は薬剤開発が進んで歯の再生療法の研究がますます進む事が期待されます。実現化したらもうインプラント治療は必要なくなるかもしれませんね。
2021年05月30日 17:10
親知らずの事でお困りの方は当院へお越しください。

東京都大田区|大森駅より1分

ティースデンタルオフィス

〒143-0016
大田区大森北1-1-5 大東ビル102

TEL:03-6277-7778
MAIL:ts@ts-dental.jp

受付時間 9:30~13:00
14:30~19:00
土曜午後/14:30~17:00
水・日・祝定休


サイドメニュー

モバイルサイト

ティースデンタルオフィススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら