T's Dental Office
T's dental officeご紹介 歯医者さんがこっそり教える歯の話 お問い合わせ 今月のトピック
今月のトピック
第3回
  「口臭について」
いつまでも自分の歯で噛み続けたいと願うのは皆さん一緒ですね。
しかし残念ながら、様々な原因で歯を失うことがありますがそのままにしていると
噛み合わせに不自由を感じたりお顔の容貌まで変わったりしますよね。
予防策としては、ブリッジ、入れ歯、そしてインプラントなどの何れかで
歯の修復を図ります。それぞれに長所短所がありますから、
その時の状況に応じて選択が必要です。歯科用インプラントは
ブリッジや入れ歯と違い周囲の歯に負担を掛けることなく歯が入ります。
それは歯の根の部分に金属製(チタン)の支柱を使い、
顎の骨の中で被せ物を支えるためです。
実際欧米では日本と医療の保険制度が違いからか、
治療費がブリッジや入れ歯とほぼ同額に
なるため盛んに行なわれております。
 
インプラントの研究も進み、比較的安全に短時間で痛みも少なく
処置が出来るようになりました。当院でもメスを使わずに行なう
インプラント処置が好評です。従来のような
歯茎に切ったり剥いだりすることがないので、腫れや痛みもほとんどありません。
また、安全かつ的確にインプラントを入れた後も半年もの間待たせれて
被せ物を製作していたのが、インプラントを入れたその日に
仮歯が入るようになってきております。
もちろん特別な場合は除かれますが、本物は約2ヶ月後に入ります。
ダメになった歯を抜いたその日に仮歯が入るのはとても嬉しいことですよね。
術後の成功率も変化しており、ひと昔まえは
5年持てばと言われていたのが最近では10年後も
ほとんど残っているという表現で失敗率の低さを表してます。
しかし100%の成功率ではないので
当院では皆様に安心して提供できるよう保障期間を設けております。
将来もっと科学が進歩してインプラントよりさらにすぐれた物が出てくる日も
そう遠くはないことを期待したいところではありますが、
まだしばらくはお世話になりそうです。
   
 
HOMET's dental officeご紹介歯医者さんがこっそり教える歯の話
お問い合わせ今月のトピックアクセスマップ
Copyright (C) 2006 T’s dental office, All Rights Reserved.